私とマルチメディアMPEGラボMXFラボ

TOP

VIDEO-ITを取り巻く市場と技術

2008年12月26日掲載

第33回 BMLの仕様から見るデータ放送の今後<その4>
      データ放送の今後

執筆:クワトロメディア株式会社 長谷川修平
執筆者プロフィール

 第3回では、放送と通信を取り巻く環境の変化について書きました。最後となる今回は、環境が変化したらデータ放送自体はどうなるのかという点について考えてみます。

 まず、双方向通信を利用したコンテンツが普及する可能性が考えられます。第3回で例に挙げた通販番組などは再燃する可能性があり、携帯電話向けなら物販だけではなくアプリや電子書籍といったデジタルコンテンツの販路として活用することも考えられます。
 例えばドラマの第一話を放送し、第二話以降をダウンロードで販売するといったビジネスモデルが考えられます。また放送波自体をコンテンツの配信に利用してしまうこともできます。
 私もコンテンツの制作でお手伝いをさせて頂いた、株式会社東京エフエム様の実証実験では、ARIB TR-B13で規定されたEプロファイルと呼ばれる拡張データサービスを利用した一斉同報(放送波ダウンロード)が行われました。
 具体的には、放送波を使ってコンテンツを端末に蓄積させ、解錠と課金を通信経由で行うといったサービスです。輻輳が発生しない放送波で一斉同報できるメリットの他、放送中に番組に関連したコンテンツを配信できるということは、ユーザーの趣味嗜好に合わせた効果的な販路を確立することでもあります。

 他に、マルチメディア放送の方式として提案されているISDB-Tmmでも、ダウンロード型の「プッシュキャスト」というサービスが提供可能で、放送波を使って様々なデジタルコンテンツを配信することが検討されています。

図1.双方向システムによる通販システムの概要

 

次のページへ

1

 


(コラム記事/クワトロ・メディア 株式会社 長谷川修平)

製品・システム・技術に関するお問い合わせ